TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「人的ネットワークの作り方〜異業種交流会・勉強会へ行こう」
(くろすろーど第5回定例会より、KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet編集長・木村徹さん)
1.交流会とは・・・

異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集まず異業種交流会についてですが、みんなが実際に参加している会のほかに 関西をはじめ全国にはどのような社外サークルがあるのか・・・。
○異業種交流会・・・ビジネス的効果・・・おもに経営者・事業者
○社会人交流会・・・人的交流・・・おもに勤め人
○勉強会・・・・・テーマ学習・・・経営者・事業者・勤め人
ほかに  ○趣味の会  ○市民グループ  ○女性・主婦グループなど
交流会とは、後援会や講義により情報ノウハウを学ぶ一方、 パーティーやイベントで出会いを楽しむ両方の要素を持つ会・・・ すなわち基本的性格の社会人が人的交流を行う場です。

そこで交流会の基本的定義を挙げてみると、
●エネルギーの交換をする機会
  ※仕事・生活への意欲、刺激を受ける(与える)。
  ※情報・知識・コネクションを得る。
●人脈・ネットワークを創る機会
  ※人脈=信頼に基づき相互支援のできる人間関係

関西を拠点とする交流会の紹介してみたいのですが、熟年の会から若手の会、文化志向の会からビジネス指向の会までたくさんあるので、ここでは省略。
全体的な傾向としては、
○若手系の会は電子メール等の発達により最近できたものが多い。
○交流会の寿命はだいたい長くても5年。
○若手系の会は、参加者は他の会を渡り歩くため、メンバーの流動が激しく、熟年中心の会はメンバーが固定している傾向がある。

2.これから交流会に参加する方へ実践的アドバイス

ピーマンネット●参加する会は、交流会なら主宰者の年齢で、勉強会ならテーマで選ぶ。(参加者は主宰者の年齢に同調する。同世代の方が溶け込みやすい。)
●会社の名刺ではなく個人名刺を作りましょう。(会社の延長ではない。あくまでも個人での参加。)
●参加の動機をはっきり意識しましょう。(「なんとなく」は印象に残らず、接点もない。)
●同じ会に1回ではなく、連続して(最低3回)参加しましょう。(1回だけの参加では、相手も自分も印象に残らない。)
●自分の興味、関心を明確にしましょう。(自己紹介は簡潔に。名前・業種(社名ではない)・職種・関心のある事・趣味)
●お世話になった人(主宰者・幹事)にはお礼のメール・電話・はがきを出しましょう。(丁寧な付き合い方を実行する。将来の自分のために・・・)
●会話の中で他の参加者に面白い会を紹介してもらいましょう。(主宰者に聞くのは失礼。)
●2次会の交流密度は高いので、できるだけ参加しましょう。
●会に継続して参加したい場合は会員になりましょう。(案内がもらえるし、主宰者に電話が気軽にできる。)
●営業・勧誘にははっきりした態度(関心あり&不要・拒否)で対応しましょう。(若手中心の交流会には必ずネットワークビジネス業者などが参加していると思ってもよい。)
●経営者・自営・フリーの方は直接的・短期的な形で、仕事の成果を期待しないこと。

目標は 「良好な人間関係をつくり、相互に信頼し、支援できる人脈へと育てる」こと。

(写真:くろすろーど・KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet(ピーマンネット))
TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集