TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集
異業種交流会・勉強会セミナーのスタッフによるコラム集
コラム集もくじ
▼参加者向け
「人的ネットワークの作り方〜交流会へ行こう」
(KANSAI人脈づくり応援誌Pimnet・編集長木村徹さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART1『自分に合った交流会を見つける方法』
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会・勉強会の歩き方」PART2『ホームページ検索を活用した交流会の選び方について〜』
(旧AC-NET事務局/戦略経営研究会・幹事)
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加の際の心得」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会参加のあと」
(AC-NET幹事一同)
「異業種交流会・勉強会のなかの”人間関係の満腹感”」
(くろすろーどメンバーからの投稿)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「それを言っちゃあ〜お終いだよ…異業種交流会」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「異業種交流会の上手な参加の仕方〜楽しくビジネスを加速する〜」
(あつぎ異業種交流会世話人・猪股真さん)
「がんばれサラリーマン〜辞めてはいけない〜」
(ライター・リストラ問題評論家・中森勇人さん)
▼主催者向け
「異業種交流会のライフサイクル」前編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「異業種交流会のライフサイクル」後編
(若手異業種交流会鶏口牛後代表・芦田克美さん)
「私にもできる異業種交流会・勉強会〜交流会を立ち上げよう!!〜」
(ONLY ONE・くろすろーど合同トライアルトークより)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART1」
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART2
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART3
(関西交流大学 祭作太郎さん)
「グラスツール(草の根)交流会の作り方」PART4
(関西交流大学 祭作太郎さん)
▼HP編集長の気まぐれ日記
異業種交流会・勉強会に関するコラム集 
「異業種交流会・勉強会参加の前にしておくこと」
(旧AC-NET幹事一同)
「友達と一緒に参加する」

私自身、機会があるたびに色々な講演会やセミナーに行っています。その経験から言いますと…
初心者にとっては、その会に友人(単なる顔見知りの知人は△)がいるのであれば、まずはそういった会に参加してみるのがいいかと思います。
実際、海のものとも山のものとも分からない異業種交流会に参加するのは、それなりに勇気がいることと思います。
ですから、信頼できる友達が推薦する(その友達が、その会のスタッフなどであればベスト)会に一緒に参加がそれなりの交流会マナーも勉強できるのではないでしょうか。

しかし、俗に言うネットワークビジネス関連や怪しい宗教セミナーもありますから、その会のHPなどを見て情報収集をしておくことも大事だと思います。

「目的を持って参加しよう、情報泥棒になるな!」

勉強会私の持論ですが、交流会に参加するにあたって一番大切なことは目的(意識)を持つということです。
当たり前のように思えます。しかし、目的意識を持たずに何となく参加している方も意外に多いのも事実。もちろん、何かを見つける為に参加する?と言うスタイルもあって良いかもしれません。

が、目的を最初から持っている方と持っていない方と仲間(人脈)創りには歴然として差が出るのは確か。
中には『いったいあんた何しに来ているの?』と思われても仕方ないまとまらない発言や参加姿勢の方もいらっしゃいます。
他には、いわゆる『本当の営業目的』と言う方。つまり名刺交換した人に自分の商品を売り歩こうとする輩。

交流会によってはそう言った『営業目的』を大いに推奨している所、名刺交換をメインにしている所もあるようです。
しかし、よく考えて見てください売りたい方ばかりが集まっている所に行ってなんの価値があるのでしょうか。
異業種交流会は決して商売目的と思っては、使い方を損します。本来は各自の技能を磨く所なのです。

また、異業種交流会は営業部門の方の専売特許でもありません。企画・開発部門の方は、アイデアのヒントを得る為に。管理・人事部門の方は、人の観察や他業界の生きた情報収集に。営業経験のない方は、突然の異動に備えた能力を向上させるために。

そして、重要なことは情報発信をすべきなのです。得る(貰う)ことばかり考えている人は、次第に人が(有効な情報)去って行きます。
まず、己が持つ情報なり考え方なりを発信していくことこそが大切なのです。
私にはそんな大それた力を持っていない…。

そうではありません、最初は貴方の家族や町内会の話題でも同僚のバカ話でも何でも良いのです。重要なことは『情報発信を修練する』という真摯な姿勢なのです。
よく見てください、人がたくさん集まっている人物の影を。得ることを期待せずに、良い情報を提供していませんか!

「交流会主催者とのメールなどでのやりとりにて、可能な限り事前の情報交換を行う」

○こちらのプロフィール。
○こちらの参加動機。
○相手のプロフィール。
○相手の会立上げ・運営の動機。
○定例会などのテーマ・講師・メンバー・雰囲気など(これは、HPに載っていますがさらに深く)。

これによって、ある程度までですが、「私が何者であるか」伝えることができ、また、「その交流会が定例会にて具体的に何をしようとしているのか」がつかめます。
つまりは、定例会での「振舞い」を予想できるわけです。
そして何より、事前に下地が作ってあるので、定例会において、その交流会の主催者と、「つっこんだ」やりとりができるわけです。
(写真:さんいんあすねっと
TOP PAGE 交流会による合同企画&イベントカレンダー コラム集もくじ リンク集